スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいじぇすと


あれからどんな風に過ごしてたのかダイジェストで要点だけ書いてみよう
と思ったら案外長くなった

3/11
 こっち参照

3/12
 職場で目が覚める
 水が引いたので、バイクに巻いてた腕時計を取る
 父(連絡は無かったけど生きてた)が迎えに来たので合流

 母と祖母が避難してる場所に向かう途中、親戚の息子夫婦の家の前を通りがかる
 叔父と叔母と息子さんの奥さんが居たので少しお話
 その家にしばらく置いてもらえることになる

 父が母と祖母を迎えに行き、無事合流
 何年かぶりに抱き合って喜んだ
 祖母が「薬を持って来なかった」とこぼしたのがやたら心配だった

 セブンイレブンが開いてたので入店
 「食べ物はあるけど計算できないから売りません タバコなら売ります^^」って言われて喧嘩
 あの店は町が復興したら廃れるぞ

 弟からの連絡はもちろん無い
 家主である息子さん(職場は隣町)もまだ帰って来ない
 色んなことを心配しつつ2日目終了

 深夜、セブンが襲撃を受けました
 ざまぁ

3/13
 弟とどうやって合流するか
 祖母の薬はどうやって調達しようか
 福島原発はどうなるのか
 女川原発は大丈夫か
 携帯はいつ繋がるのか
 心配の種は減らず

 セブンが改心してタバコに加えて缶コーヒーだけ売り始めたので10本購入
 復興したら絶対ここでは買わんぬ

 大曲浜までは行けないだろうけど
 とりあえずそっちの方まで行ってみようと歩いてみた
 海から2kmぐらいの地点まで歩いたところで自衛隊さんのでかい叫び声
 「津波が来てます!! 逃げてください!!」
 通りがかった車を捕まえて命拾い
 まじで死ぬかと思った
 乗せてくれた車の人(綺麗なお姉さん2人)にお礼の缶コーヒー
 お互いがんばりましょうね

 昼は叔母がカップ麺に餅を入れてくれて、震災後初めて泣き崩れる
 美味しゅうございました

 余震も収まらない状況で、ほか弁が自家発電か何かで数時間復旧
 一人3枚までのとんかつをゲットして、みんなの夕食に
 セブンとは大違いですぜ

 服は職場の制服(被災時に着てたもの)しか無かったので
 その格好でうろついてた訳だけど
 そのお陰か、別件で行った市役所で災害対策本部(会議中)に通された
 知らん顔して参加
 「大曲浜はもう駄目だ」とか「大曲浜に集中して捜索隊入れましょう」とか
 わかってたけどしんどいね

 そのあと、徒歩で避難所を回って弟へ伝言の貼り紙をさせてもらう
 「家族は全員無事です ○○さんの家にいます」
 一番目立つところに貼ってやった
 とは言っても、どの避難所も似た様な貼り紙だらけだからすぐ紛れてしまいそうだった

 で、色々済まして戻ったら息子さんが帰って来てた
 やっぱり人が増えると安心するよね
 弟さえ帰って来れば全員集合やで

 電気が無いので真っ暗になると寝るしかない
 就寝して3日目終了

 セブンはまた襲撃を受けました
スポンサーサイト

| べにっきホーム |

コメント

よし、何餅が(ry

セブンはなんか結構社則とか色々厳しすぎてブラックって聞くけど
流石にこういう場面ではそういうのよりも人道というか・・・
そりゃ襲撃受けて当たり前だよねぇ
実際に体験もしてないのにうっかり「ざまぁ」とか思ってしまったorz

セブンわろたうさ。
この場合は、「セブンの方針が」なのか「経営してる人が」なのか
によって変わってくるわよね。
まぁ後者だろうけど。
困ってる人の前でものを見せびらかして「あげないよ^^」とかやってたらそりゃ襲撃もうけるわねー

>すきまさん
規則、だったのかなあ…
まあ感じ悪かったのは事実だからな!
非常時にタバコだけ売られても困るんぬ

>てゐっさん
たぶん後者だなあ
充分な量の売り物あったからね…店ん中
んで喧嘩して私を追い出したあと、入り口のドア鍵閉めよった
ひどかったわあ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://beniwi.blog122.fc2.com/tb.php/161-87149323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。